やんばるエコフィールド島風

美ら海水族館・古宇利島から近く、沖縄マングローブカヌー・カヤックなら慶佐次川(げさしがわ)!見られる生き物まとめ2

LINEで送る
Pocket

美ら海水族館・古宇利島から近く、沖縄マングローブカヌー・カヤックなら慶佐次川(げさしがわ)!見られる生き物まとめ2

美ら海水族館、古宇利島へ行くことは決めたんだけど、そこから、どこかおすすめの観光スポットは?
沖縄でマングローブカヌー・カヤックをしたいんだけど、どこがおすすめ??
こんにちは。沖縄本島北部にて、「慶佐次川(げさしがわ)マングローブカヌー・カヤックツアー」をご案内している「やんばるエコフィールド島風(しまかじ)」です。
お客様からのご質問に答えながら、ツアーの魅力がお伝えできればと思い、今回は、私たちがご案内するフィールド慶佐次川で出会う生き物たちを動画でご紹介しますね。
 
 

マングローブカヌー・カヤックツアーでは、カニっ!カニっ!カニのパラダイス。

 

ツアーの最初は、「どこにいるのかなぁ・・・。」と見つけるまで少し時間がかかるかもしれません。

カニさんたちは、天敵の鳥たちに見つからないようにうまく姿を隠しているからです。

木の後ろ、隙間、水辺なのか、乾いたところなのか、種類によってここにいそうだよというヒントをガイドから聞きながら楽しんで探してみてくださいね。

↑↑大潮の日の夕方です。卵をお腹に抱えて歩いている「オカガニ」さんと出会いました。普段は山の方に住んでいますが、水に浸かって、卵を放つため、水際まで来ています。

 

こちらは、「ミナミオカガニ」です。片ツメが大きいです。マングローブのような汽水域に住んでいます。人の握りこぶしくらいの大きさをしているのに、見つけるまで数秒・・・。色や、動き、この雰囲気が、敵から身を守るための生き物たちの技ですね。

 

 

海と川の生き物が両方住んでいる不思議なマングローブ

 

満潮時はたくさんの海水が森へ入り込み、木々が海水に浸かります。

慶佐次湾のヒルギ林
沖縄本島最大級のマングローブ

 

干潮時はその水が海へ引いてしまうので、ほとんどが陸地となり、山からの少しの川の水が残ります。

干潮時の慶佐次川
干潮時の慶佐次川

 

なので、マングローブカヌー・カヤックツアーは、「満潮時のみ」。満潮時にはこんな生き物もマングローブエリアへ入ってきます。

「クロガシラウミヘビ」↓↓(夏場限定ですが( ゚Д゚))

 

これは「ニホンウナギ」かな?↓↓

ニホンウナギは、ここ東村から、約2000km以上も南の海で産卵し、稚魚となって成長しながら黒潮に乗り回遊し、日本の川へ帰ってきます。そして、また産卵するために2000kmも旅をするのです・・・。出会ったこの子も、そんな旅をこれから・・・。と想像すると、「頑張ってね~。」と言ってしまいます。

 

 

 

いかがでしたか??

生き物たちとの出会いは、一期一会。

季節も、潮の量も、天気も関係して、その時にしか出会えない生き物もいれば、1年の中で比較的長い期間、出会いやすい生き物もいます。エンジンのない、静かな乗り物カヌーだからこそ、目を凝らして生き物さがしをしてみるのもツアーの面白さのひとつです。

 

ツアーの動画、生き物たちの動画はこちら⇒島風YouTubeチャンネル

メールでのご予約・お問合せはこちら

メールでのご予約・お問合せ

やんばるエコフィールド島風(しまかじ)
慶佐次川マングローブカヌー・帆かけサバニ・沢トレッキングなど、人気スポット体験ツアーが盛り沢山!
ゆったりと楽しめるので、自分たちのペースで楽しみたい方や、カップル、子連れ旅行にもおすすめです。

★ご希望の日のツアースタート時間をチェック後、

下記「お問い合わせフォーム」、または、お電話にて空き状況をお問い合わせください。

 

カヌー2h → マングローブカヌー2時間

カヌー3h → マングローブカヌー3時間

トレ&シー →マングローブトレッキング+シーカヤック3時間

サバニ → 帆かけサバニ

 

 

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    携帯電話
    参加希望ツアー名
    参加希望日
    参加希望時間
    (ツアースタート時間に掲載されている時間をご記入ください)
    参加人数 大人(中学生以上): 小人:
    参加者全員のご年齢
    ツアー参加日の前日に宿泊される場所(ホテル名など)
    メッセージ欄
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    電話でのお問い合わせはこちら

    080-9852-5562

    【受付時間】8:00~19:00 ※基本的には年中無休

    この記事を書いた人

    永西由実

    大阪出身。大学時代は大阪府立青少年海洋センターにて、セーリングなど、マリンプログラムに携わる。その後、小学校教師、JICA青年海外協力隊を経て、2013年に沖縄へ移住。 ・赤十字水上安全法救助員Ⅰ ・沖縄マリンレジャーセイフティービューロー認定水難救助員 ・NPO法人沖縄県カヤック・カヌー協会認定ガイド ・一級小型船舶操縦士免許 ・MEDICAL ASSOCIATES Wilderness First Aid認定

    この著者の記事一覧

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    沖縄北部の観光・自然体験・絶景・アクティビティで最高の思い出つくりをお手伝いします!

    ご予約・お問合せはこちら ご予約・お問合せはこちら arrow_right
    PAGE TOP