やんばるエコフィールド島風

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT⑥

LINEで送る
Pocket

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT⑥

帆柱をたてるための穴「はいうしみー」

帆かけサバニ造船
帆柱をたてるためのほぞ穴をあける

2017日8月18日

帆柱をはめる部分の製作です。ここに穴を作り、帆が立ちます。

戦後、エンジンがついたサバニ。エンジンがついていても、この帆を立てる穴が残ったものがありました。

 

 

サバニの顔ひーじらーを作る

帆かけサバニ造船
サバニの顔ひーじらー

2017年8月25日

船の前の部分、「ひーじらー」の製作。「ひー」というのは、「先」という意味で、「じら」というのは、「面(つら)」ということ。サバニの顔ということですねっ。

「個人的には、ここがとても難しい。」と、大工さんの一言。接着面の形がとても変化に富んでいます。上側は広がっていて、下側は細くなっているし、左右はカーブしているし、そのカーブの角度も上から下にかけて全く違います。船体に合わせて、どこを削るのか何度も何度もていねいに確認しながらの作業です。

帆かけサバニ造船
ひーじらー

2017年8月28日

サバニの先端、「ひーじらー」がつきました。サバニの顔です。どんな走りをするのかなぁ。。。
楽しみでワクワクです。

 

 

サバニの後ろ側、「ともじらー」を作る

帆かけサバニ造船
サバニの後ろ側「ともじらー」

2017年8月31日

「ともじらー」という、サバニの後ろ部分の製作。とても分厚いです。そしてお、重い。。。なぜ、この部分は分厚いんだろう?水に浸かる部分ではありません。水面から高い場所に、重量のある部分をもってくると、安定感がなくなるのでは・・・?

考えてみました。
・外洋へ渡れるサバニ。大きな波に当たって船体がしなる。それをしっかりと固定している。強度が必要。
・沈おこしの時、起こしやすい。←これは、本に書かれていたのを読んだことがあります。
・帆かけから、エンジンサバニに変化したとき、エンジンを固定するため、強度が必要だった。

機械にあふれる現代は、かっこよさや、流行りで形を決め、機能的にマイナスな部分は機械でカバーする。そのようなこともOKでしょうが、昔はそうはいきません。何か理由があっての、この形なのでしょう。

 

 

 

小さな部分でも、ひとつひとつの部分に意味があり、大切なストーリーが

帆かけサバニ造船
ともじらーへ杭うち

2017年9月4日

サバニの前と後ろに打たれる「杭」の製作です。
こんなに長い棒状のものが、板の横から向こう側まで突き抜けます。すごいですねぇ。

 

帆かけサバニ造船
サバニの縁が平行に

2017年9月4日

サバニの舷側板(横部分)の縁が、地面に平行に削られました。少しの違いに見えるかもしれませんが、一気に「船」の雰囲気がでます。

 

 

帆かけサバニ造船
サバニの神棚「かんだん」

2017年9月7日

サバニの後ろにある、「かんだん」という部分の製作。
神様の棚という意味で、とても大切な部分。
進水式の時は、ここにもお米や塩をもって、お酒をかけます。

 

 

サバニの縁、「うゎーぐまー」と「うちぐまー」

帆かけサバニ造船
サバニの縁「うゎーぐまー」「うちぐまー」

2017年9月12日

舷側板の上に、長く細い板がつきました。「うゎーぐまー」と言います。「上のちっちゃいやつ」みたいな意味。

舷側板の内側に同じく長く細い板もついています。それは「うちぐまー」。「内側のちっちゃいやつ」みたいな意味。

サバニの名称って、口語というか、人が話しているような感じで名前がある気がします。

 

 

帆を立てる場所「うしかき」

帆かけサバニ造船
帆をたてる場所「うしかき」

2017年9月20日

サバニ全体を磨いた後、帆を立てる場所「うしかき」の製作。サバニ全体で使用している杉ではなく、テリハボクという木を使います。杉よりも固く、海水に強い性質を持っています。この木は、曲がって伸び、広がっていく特徴があるので、かなり大きく成長しないと、このくらいのサイズの板をとることができません。そのため、もう、沖縄本島では手に入らなくなってしまいました。写真の板は八重山諸島から届いたもの。非常に貴重な高級材です。サバニはすべて自然素材。自然の恵みから出来上がるものです。自然の環境の現状に気づき、何かお役に立てる乗り手になりたいなと思います。

 

帆かけサバニ造船
「うしかき」を固定

2017年9月21日

今日、登場した材料。「あかなー」(赤縄)釣り具屋に売っていて、とてもとても強度があります。これは色々な箇所の固定に使われます。帆にも使われています。

力いっぱい「あかなー」を引っ張って、黙々と、固定作業をしていた大工さん、終わった後、一言。「手がいたい・・・。」

 

 

完成した帆かけサバニ「島風」に乗ってみたい方はこちらから👇

メールでのご予約・お問合せはこちら

メールでのご予約・お問合せ

やんばるエコフィールド島風(しまかじ)
慶佐次川マングローブカヌー・帆かけサバニ・沢トレッキングなど、人気スポット体験ツアーが盛り沢山!
ゆったりと楽しめるので、自分たちのペースで楽しみたい方や、カップル、子連れ旅行にもおすすめです。

★ご希望の日のツアースタート時間をチェック後、

下記「お問い合わせフォーム」、または、お電話にて空き状況をお問い合わせください。

 

カヌー2h → マングローブカヌー2時間

カヌー3h → マングローブカヌー3時間

トレ&シー →マングローブトレッキング+シーカヤック3時間

サバニ → 帆かけサバニ

 

 

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
携帯電話
参加希望ツアー名
参加希望日
参加希望時間
(ツアースタート時間に掲載されている時間をご記入ください)
参加人数 大人(中学生以上): 小人:
参加者全員のご年齢
ツアー参加日の前日に宿泊される場所(ホテル名など)
メッセージ欄
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

電話でのお問い合わせはこちら

080-9852-5562

【受付時間】8:00~19:00 ※基本的には年中無休

この記事を書いた人

永西由実

大阪出身。大学時代は大阪府立青少年海洋センターにて、セーリングなど、マリンプログラムに携わる。その後、小学校教師、JICA青年海外協力隊を経て、2013年に沖縄へ移住。 ・赤十字水上安全法救助員Ⅰ ・沖縄マリンレジャーセイフティービューロー認定水難救助員 ・NPO法人沖縄県カヤック・カヌー協会認定ガイド ・一級小型船舶操縦士免許 ・MEDICAL ASSOCIATES Wilderness First Aid認定

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

沖縄北部の観光・自然体験・絶景・アクティビティで最高の思い出つくりをお手伝いします!

ご予約・お問合せはこちら ご予約・お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP