やんばるエコフィールド島風

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT⑤

LINEで送る
Pocket

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT⑤

船底「スクジー」の形成

2017年7月31日

船底部分の形成。墨でラインを入れて削ります。どこをどのように削れば、どんな走りをするのか?

「新城さんはね、前回のサバニの写真をみて、こんなこといってたよ。」

大工さんの師匠の言葉を思い出したり、自分が製作した船を乗った経験、昔のサバニを見たり乗ったりした経験、いろいろな積み重ねが、墨のラインを決めていきます。大工さんの頭の中には、このサバニが海で走る様子があるのでしょう。それでも、悩みながらの様子も見られます。どんな走りをするのかの検証は、きっと、大工人生ずーっと、ずーっと、続いていくのではないでしょうか・・・。

この後は、またまた難しい分銅(板と板とのつなぎ目をつなぐクサビ)入れ作業となります。底板とカド、カドと舷側板、板と板のつなぎ目にたくさんの分銅が入ります。全部で約300個くらいといわれています。今回はカーブのあるところに入れていくので、かなり難しそう。た、楽しみです。わくわく。

 
 

船のカーブに合わせて「ふんどう」くさびを入れます

2017年8月8日
金属のクギはゼロの木造船。サバニ。
固いイヌマキの木が、クサビとなり、木と木をつなぎます。
この、7m50cmのサバニのサイズでは、約300個の分銅(クサビ)が入ります。
「1個につき、約10分だな。。。」とつぶやく大工さん。
ということは・・・かける300個で・・・。

 

8月10日

帆かけサバニ造船
カドへふんどう入れ

分銅(木と木とつなぐクサビ)入れ作業進んでおります。訪問された方からの質問。
「この分銅は、板を貫通しているの?」
いいえ、違います。板の厚さの約半分のところまで穴をあけ、そこにはめます。

現在は、船の外側から入れています。内側からは、もちろん、同じところに入るのではなく、ずらした位置に分銅が入ります。互い違いに。

 

 

カーブが強度作る竹釘

2017年8月12日

「ツバノミ」という、カーブしたノミで穴をあけ(深さ約10cmくらい)、竹釘を入れます。「もうそう竹」という固い竹が、厚さ約4cmの板にうまくカーブしながら入っていきます。

板を突き抜けるのではありません。4cmの厚みの中へ入って止まります。すごい。カーブさせることで、さらに抜けにくくなっています。男性がおもいきり引っ張っても、何をしても抜けません。

竹釘ってどんなもの?よく聞かれます。叩いて入れた後、切るので、切った後をみても、あまりイメージがわきません。

帆掛けサバニ造船
竹釘

こんな感じ。

先が削られています。
手前部分を削り、後ろを残します。
まっすぐ差し込むのではなく、カーブして入っていくので、強度が増します。
保管は、サラダ油につけて、カビを防いでおきます。

 

 

サバニをひっくり返し、内側を削る

帆かけサバニ造船
サバニをひっくり返し、内側を削る

2017年8月15日

サバニがいよいよひっくり返りましたよ。
今度は内側を削り、その後は内側への分銅(クサビ)入れとなります。凹凸がなくなり、美しいカーブができてきます。

前の部分に削られていない、高さのある部分があります。これは、帆柱を立てたときにそれが入る穴を空けます。
それ以外の部分は、滑らかにカーブになっています。

お家や、家具を造っている、大工さんが南部から訪問してくれました。話題はサバニから、木の話に。

サバニの分銅(クサビ)に使われているイヌマキの木や、マストを差し込むウシカキに使われているテリハボクの木が、少なくなってしまった…。テリハボクは、沖縄本島では手に入らない。八重山諸島なら手に入る。

木って、材木として売りに出せるまで、時間がかかる。。。目に見える結果を出せるのは、何十年も先。何百年後の未来のために、今、植えるという事業をすることは企業でも、行政でも、ボランティアでも、多くはないのでは。

サバニを通して、自然環境を考える大切な時間になりました。
自分には何ができるか。意識していこうと思います。

 

完成した帆かけサバニ「島風」に乗ってみたい方はこちらから👇

メールでのご予約・お問合せはこちら

メールでのご予約・お問合せ

やんばるエコフィールド島風(しまかじ)
慶佐次川マングローブカヌー・帆かけサバニ・沢トレッキングなど、人気スポット体験ツアーが盛り沢山!
ゆったりと楽しめるので、自分たちのペースで楽しみたい方や、カップル、子連れ旅行にもおすすめです。

★ご希望の日のツアースタート時間をチェック後、

下記「お問い合わせフォーム」、または、お電話にて空き状況をお問い合わせください。

 

カヌー2h → マングローブカヌー2時間

カヌー3h → マングローブカヌー3時間

トレ&シー →マングローブトレッキング+シーカヤック3時間

サバニ → 帆かけサバニ

 

 

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
携帯電話
参加希望ツアー名
参加希望日
参加希望時間
(ツアースタート時間に掲載されている時間をご記入ください)
参加人数 大人(中学生以上): 小人:
参加者全員のご年齢
ツアー参加日の前日に宿泊される場所(ホテル名など)
メッセージ欄
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

電話でのお問い合わせはこちら

080-9852-5562

【受付時間】8:00~19:00 ※基本的には年中無休

この記事を書いた人

永西由実

大阪出身。大学時代は大阪府立青少年海洋センターにて、セーリングなど、マリンプログラムに携わる。その後、小学校教師、JICA青年海外協力隊を経て、2013年に沖縄へ移住。 ・赤十字水上安全法救助員Ⅰ ・沖縄マリンレジャーセイフティービューロー認定水難救助員 ・NPO法人沖縄県カヤック・カヌー協会認定ガイド ・一級小型船舶操縦士免許 ・MEDICAL ASSOCIATES Wilderness First Aid認定

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

沖縄北部の観光・自然体験・絶景・アクティビティで最高の思い出つくりをお手伝いします!

ご予約・お問合せはこちら ご予約・お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP