やんばるエコフィールド島風

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT②

LINEで送る
Pocket

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT②

金属製の釘はなし。木のつなぎ「ふんどう」

帆かけサバニ造船
分銅300個!

2017年6月2日

ふんどう入れ作業になりました。ふんどうというのは、リボン?ちょうちょ?のような形をしていて、板と板のつなぎ目にいれます。このふんどうと、この後、竹でできた釘を入れることで、隙間なく、強く、2枚の板を固定することができます。

特徴的なおもしろい形です。海上で大きな波、うねりに出会うと、どうしてもサバニの船体にエネルギーがかかり、サバニは歪もうとします。それに負けず、しっかりと固定してくれるふんどうの形。これもきっと、先人が、研究に研究を重ね、生みだされた形なのですね。

長嶺さん(大工さん)「自分でいれる?」
當山(船主)「う、うんっ!」

ということでレクチャーして頂きました。その後、一つ入れましたよ~。さ、完成までのふんどうの数は、なんとあと、約298個~!!
が、頑張っていきましょう。

 

 

メンテナンスに大活躍のサバ油

帆かけサバニ造船
サバ油とふんどう

2017年6月3日

では、昨日の作業で登場した「サバ油」の紹介を。なんと魚の鯖ではありません。サメの肝を煮詰め、不純物を濾されてできた油です。
沖縄の方言で、昔、サメのことを「サバ」と呼んでいたことから、「サバあんだー(あんだーは油)」と言われています。サバニは木の船。腐食防止のため、昔は、このような油を船体に塗り、メンテナンスをしていたそうです。現在は、木工用のオイルが売られているので、それでメンテナンスをすることもできます。

昨日の作業では、この油をふんどう(板と板のつなぎ目を固定するためのもの)を打ち込む際、これをふんどうに塗り、
上からカナヅチでたたきました。なんと、良い?におい。タイのナンプラーのような。ぜひ、いつか、自分で作ってみたいですねぇ。

 

 

場所によって高さの違うふんどう

帆かけサバニ造船
高さの違うふんどう

2017年6月5日

ふんどう(板と板をつなぐもの)入れ作業。舷側(船の横部分)の外側終わりました。合計52個。今度は内側です。内側には、先日紹介した「ゆかもち」呼ばれる、座席の板を置くための突起があります。

帆かけサバニ造船
ゆかもち

な、なんとっ、その部分は、分銅を入れた後、その突起に合わせてふんどうを削るのです。む、難しい。削らなくてはならないため、深く入るよう、高さのあるふんどうを使います。ほら、写真をみてください。高さが違いますね。繊細な美しさを計算して、「自然に」作っちゃう。

動画の最後に、入れられた分銅が映りますので、★ぜひ最後まで御覧ください。入れた後のイメージがわきます★

 

 

木と木をしっかりつなぐ竹釘

帆かけサバニ造船
しっかり木をつなぐ強度をつくる竹釘

2017年6月7日

竹釘入れ作業となりました。先日から紹介しているふんどう(板と板をつなぐためのもの)と、竹釘で、しっかりと固定します。

おぉ。。。船主(當山)に1本作業させて頂きました。なんて心の広い大工さんなんでしょう。なんとかできましたよ。どきどきな雰囲気が映像から伝わるでしょうか???ここで登場したのは、モウソウチクという竹。沖縄にはありません。沖縄の竹は、強度が弱いので、本土に生息している竹を使います。サバニの船体で使われるのも、宮崎県からの「飫肥杉(おびすぎ)」。沖縄は海で囲まれていますが、海を渡り、たくさんの国と地域と交易をしていました。決して海は、昔の人々にとって、「壁」ではなく、船を使い、移動できるすばらしいフィールドだったのですね。

 

 

2枚の板、接着剤なしで、この強度

帆かけサバニ造船
接着剤なしでこの強度

2017年6月8日

驚きの一枚。
大工さん(長嶺さん)が乗っている板は、斜めに立てかけられていて、長嶺さんの全体重がかかっています。板は、舷側板(船の横部分)と同じ作りで作られていて、「テーブルにでもどうかな」と以前に作ったもの。2枚の板をつなげていて、つなぎには、ふんどうと竹釘のみ。

接着剤は使われていません。なのに、この強度!!すごい!!

「海へ出たら、強い波に何度もぶち当たるんだよ。こんなもの(人の体重)ぐらいで壊れたらだめでしょ。」と、長嶺さん。そ、そうですよね。。。なるほど。。。いや、しかし、接着剤なしのこの強さ。昔の人ってすごい。。。てか、現代の大工さんもだけど。

 

 

完成した帆かけサバニ「島風」に乗ってみたい方はこちらから👇

メールでのご予約・お問合せはこちら

メールでのご予約・お問合せ

やんばるエコフィールド島風(しまかじ)
慶佐次川マングローブカヌー・帆かけサバニ・沢トレッキングなど、人気スポット体験ツアーが盛り沢山!
ゆったりと楽しめるので、自分たちのペースで楽しみたい方や、カップル、子連れ旅行にもおすすめです。

 

★新型コロナウイルスの感染拡大の状況ならびに政府、自治体からの各種要請等を踏まえ、お客様・スタッフの安全、感染拡大防止を最優先に考え、5月31日(日)まで臨時休業とさせていただきます。

 

【今後の予約体制について】
★6月1日(月)~18日(木)は沖縄県内在住のお客様のみ予約可能
★6月19日(金)~は沖縄県内、県外在住のお客様の予約可能

上記の予約体制にて、予約・お問い合わせは随時お受けしますが、今後の状況を鑑みて、再度臨時休業となる場合もあります。その際は、ご予約のお客様へご連絡し、弊社HP→(https://shimakazi.com/) にて随時お知らせいたします。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

 

★ご希望の日のツアースタート時間をチェック後、

下記「お問い合わせフォーム」、または、お電話にて空き状況をお問い合わせください。

 

カヌー2h → マングローブカヌー2時間

カヌー3h → マングローブカヌー3時間

トレ&シー →マングローブトレッキング+シーカヤック3時間

サバニ → 帆かけサバニ

 

 

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
携帯電話
参加希望ツアー名
参加希望日
参加希望時間
(ツアースタート時間に掲載されている時間をご記入ください)
参加人数 大人(中学生以上): 小人:
参加者全員のご年齢
ツアー参加日の前日に宿泊される場所(ホテル名など)
メッセージ欄
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

電話でのお問い合わせはこちら

080-9852-5562

【受付時間】8:00~19:00 ※基本的には年中無休

この記事を書いた人

永西由実

大阪出身。大学時代は大阪府立青少年海洋センターにて、セーリングなど、マリンプログラムに携わる。その後、小学校教師、JICA青年海外協力隊を経て、2013年に沖縄へ移住。 ・赤十字水上安全法救助員Ⅰ ・沖縄マリンレジャーセイフティービューロー認定水難救助員 ・NPO法人沖縄県カヤック・カヌー協会認定ガイド ・一級小型船舶操縦士免許 ・MEDICAL ASSOCIATES Wilderness First Aid認定

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

沖縄北部の観光・自然体験・絶景・アクティビティで最高の思い出つくりをお手伝いします!

ご予約・お問合せはこちら ご予約・お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP