やんばるエコフィールド島風

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT③

LINEで送る
Pocket

沖縄の伝統木造船「帆かけサバニ」造船REPORT③

水にぬらして、8mの木材を曲げる準備

帆かけサバニ造船
8mの板を曲げるため、水にぬらします

2017年6月13日

舷側板の左右が、正確に同じ形でも、自然の木の素材ですから、水分量、フシの位置など、様々な理由で柔らかさは同じではありません。
そのため、同じ形を曲げても、左右対称の船の形を作ることは本当に難しいことなのだそうです。

曲げ終わるまでどのくらいかかるかは、自然の材料なので、やってみないとわからないそうですよ。
一晩、板の中に水を貯めて、曲げの準備。

 

 

木の様子を見ながら、少しずつ曲げる

帆かけサバニ造船
木の様子を見ながら、少しずつ曲げる

2017年6月14日~21日

割れがはいらないよう、ていねいに、集中して広げていきます。時間の経過とともに、何cmになったのかをきちんと記録にとり、木の自然な動きを調べます。自然の材料である木は、ひとつひとつ固さ、柔軟性、伸縮性、様々なことが違います。育ったところが、山の上なのか、谷なのか。周りはどんな森だったのか。いろんな条件が、ひとつの木の状態を決めていくのです。それを見極めて、動きを観察して、曲げていきます。

「(木の)こんな動きが見られてきたから、次は、この場所をこうしてみる。」
と大工さんは考えながら、作業を決めていきます。曲げる力も、曲げる場所の順番も、考えて形を作ります。

それは、板に緊張と張りをもたらし、板に強度が生まれます。それが、船として生まれたとき、乗る人たちの安全につながるのです。
「今回の材木は、今まで作ってきた材木と比べてどうですか?」
と、質問すると、大工さんの長嶺さんは、
「かたい。」と一言。

それだけ、曲げる作業は難しくなる。時間がかかる。しかし、それだけ強度があるということなので、安全で、よい船になるということ。
そんな風に語っていました。一歩ずつ、ゆっくりと。木の声をききながら作業をしていきましょう。

 

何時間もかけて、少しずつ、少しずつ、水をかけながら数センチずつ。ここっ!という箇所で、板と板の感覚を絞り、ひねりを付けていきます。まっすぐな板だったことが信じられませんね。こうして曲げることで、舷側板が緊張した状態を作り、強度が生まれます。
絞りを入れていくと、様々な箇所で、「動き」が見られてきます。あ、こっち側が上がってきた。あ、広がってきた。膨らんできた。あ、前後が縮んできた。

それを敏感に感じ取らなければなりません。
メジャーで測ればわかるポイントもあれば、
じーっと目でみて観察し、チェックすることも。
ほんとにわずかな動きです。サバニ大工の腕の見せ所といった感じでした。すばらしい。

修正が必要な場合の「動き」なら、そこでまた、手を加えます。
完成。。。。パチパチパチ。曲げが終わったとき、拍手してしまいました。

 

 

形を固定するため、横木を入れる

帆かけサバニ造船
形を固定するため、横木を入れます

2017年6月22日

「曲げ」作業が終わって、サバニの形が決まったので、横木を入れました。形を固定するためです。その後は、スクジーという、船底部分の製作に入ります。そこでついに登場するのが、樹齢約80年といわれる厚く、重い材木。これが、サバニの「本ハギ」と呼ばれる作り方の大きな特徴。底板はかなり厚い材木で、くり抜くようなイメージで形を作っていきます。

これは、男性でも、一人では持ち上げることができません。それを、サバニの上に持ち上げ、のせて、どこを削るのかを目で確認し、降ろして、削る。また、持ち上げる。これを何回も何回もしなければなりません。

 

 

完成した帆かけサバニ「島風」に乗ってみたい方はこちらから👇

メールでのご予約・お問合せはこちら

メールでのご予約・お問合せ

やんばるエコフィールド島風(しまかじ)
慶佐次川マングローブカヌー・帆かけサバニ・沢トレッキングなど、人気スポット体験ツアーが盛り沢山!
ゆったりと楽しめるので、自分たちのペースで楽しみたい方や、カップル、子連れ旅行にもおすすめです。

★ご希望の日のツアースタート時間をチェック後、

下記「お問い合わせフォーム」、または、お電話にて空き状況をお問い合わせください。

 

カヌー2h → マングローブカヌー2時間

カヌー3h → マングローブカヌー3時間

トレ&シー →マングローブトレッキング+シーカヤック3時間

サバニ → 帆かけサバニ

 

 

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
携帯電話
参加希望ツアー名
参加希望日
参加希望時間
(ツアースタート時間に掲載されている時間をご記入ください)
参加人数 大人(中学生以上): 小人:
参加者全員のご年齢
ツアー参加日の前日に宿泊される場所(ホテル名など)
メッセージ欄
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

電話でのお問い合わせはこちら

080-9852-5562

【受付時間】8:00~19:00 ※基本的には年中無休

この記事を書いた人

永西由実

大阪出身。大学時代は大阪府立青少年海洋センターにて、セーリングなど、マリンプログラムに携わる。その後、小学校教師、JICA青年海外協力隊を経て、2013年に沖縄へ移住。 ・赤十字水上安全法救助員Ⅰ ・沖縄マリンレジャーセイフティービューロー認定水難救助員 ・NPO法人沖縄県カヤック・カヌー協会認定ガイド ・一級小型船舶操縦士免許 ・MEDICAL ASSOCIATES Wilderness First Aid認定

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

沖縄北部の観光・自然体験・絶景・アクティビティで最高の思い出つくりをお手伝いします!

ご予約・お問合せはこちら ご予約・お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP