やんばるエコフィールド島風

美ら海水族館・古宇利島から近く、沖縄マングローブカヌー・カヤックなら慶佐次川(げさしがわ)!見られる植物まとめ

LINEで送る
Pocket

美ら海水族館・古宇利島から近く、沖縄マングローブカヌー・カヤックなら慶佐次川(げさしがわ)!見られる植物まとめ

美ら海水族館、古宇利島へ行こうと決めているんだけど、その近くでおすすめスポットは?
沖縄でマングローブカヌー・カヤックツアーっていっぱいあるよね・・・。どこがいいのかな。

そんなお客様からの声にお答えしようと、私たち「やんばるエコフィールド島風」がご案内している、沖縄本島北部慶佐次川(げさしがわ)マングローブカヌー・カヤックツアーの魅力をご紹介。

今回は、「植物編」
 

 

マングローブって何?

「そもそも、マングローブとは??」

マングローブとは、海水と淡水が混じり合う汽水域に生息する植物たちの集まりのこと。木の名前ではありません。森のひとつの種類を表しているのです。あれ??塩水に浸かってしまう植物たち。なぜ生きられるのでしょう。

塩水に浸かっていても、生きられる様、様々な技を持つ植物たちなんです。

 

 

技①根は水に長い間浸かっていると腐ってしまうので、ちょっと外に出しておこう。【呼吸根】

 

ヤエヤマヒルギ
ヤエヤマヒルギ

あぁ、マングローブの中ってこういう木だよね。。。というイメージ通りの形ですね(o^―^o)「ヤエヤマヒルギ」という名前の木です。

ダラリと上から下へ垂れ下がる茶色い部分は根。枝ではありません。全ての根を土の中へ入れてしまうと、水に浸かっている時間が非常に長くなり、腐ってしまうので、こうして、外へ出して伸びていく形をしています。この部分を呼吸根といいます。

 

 

 

オヒルギ
オヒルギ

あれ??上から垂れ下がる根がありませんね。「オヒルギ」という名前の木です。呼吸根はないのでしょうか?

いいえ。ありますよ。オヒルギの呼吸根は、こんな形をしています↓

オヒルギ呼吸根
オヒルギ呼吸根

地面から、20cmくらい、ぴょこっと突き上がっていますね。

 

メヒルギ呼吸根
メヒルギ呼吸根

↑これは、「メヒルギ」という木の根です。板のように平たく立ち上がっていますね。

呼吸根は、長く、高い位置にたくさんあればあるほど、水に浸かる時間が短くなります。長い呼吸根を持つヤエヤマヒルギは水辺に近く、満潮時に深くなるところに生息できます。

慶佐次川のヒルギたちは、全て自生。川の水深に合わせて、深いところにはヤエヤマヒルギ、浅いところにはオヒルギやメヒルギというように住みわけが見られます。「あれ??きれいに並んでいるね。誰かが植えたの?」と、よくお客様に聞かれるくらいです。

しっかりと木の特徴が表れてくる自生林ならではの場所ではないでしょうか(^^♪

 

 

技②ちょっとフライングして、木の上で種から発芽?!【胎生(たいせい)】

 

ヤエヤマヒルギ胎生芽
ヤエヤマヒルギ胎生芽

「下に毎日海水が入ってきたり、ひいていったり。どうやって成長していくんだろう?」

種ができて、それが地面に落ち、発芽する。その方法だと・・・。小さな種が下に落ちても、水が下にあり、しかも海水なので、土に根付くのは難しそう。。。

ヒルギの成長の方法は、ちょっと不思議。種ができて、木にまだ種がついたままで発芽し、芽がでてきます。「胎生」と呼ばれている方法です。

オヒルギ胎生芽
オヒルギ胎生芽
メヒルギ胎生芽
メヒルギ胎生芽

芽が25cmくらいになると、落ちます。水に落ちたとしても浮いて漂流して運ばれ、浅いところなどで土に触れると根が土に入っていき、少しづつ根付いていきます。小さな種の状態で落とすのではなく、少し大きく成長させてから落とすことは、過酷な環境下でも成長していける技となっているのです。

メヒルギの幼木
メヒルギの幼木

いかがでしたでしょうか?

慶佐次川マングローブカヌー・カヤックツアーでは、ガイドがお客様を先導したり、並走したりしたりするスタイル。島風は他社よりもカヌーの最大艇数を1艇減らし、最大4艇まで。マングローブのいろいろな発見や、不思議をどんどんガイドに聞いてみてくださいね(*’ω’*)

 

ツアーの動画、生き物たちの動画はこちらへ⇒島風YouTubeチャンネル

メールでのご予約・お問合せはこちら

メールでのご予約・お問合せ

やんばるエコフィールド島風(しまかじ)
慶佐次川マングローブカヌー・帆かけサバニ・沢トレッキングなど、人気スポット体験ツアーが盛り沢山!
ゆったりと楽しめるので、自分たちのペースで楽しみたい方や、カップル、子連れ旅行にもおすすめです。

★ご希望の日のツアースタート時間をチェック後、

下記「お問い合わせフォーム」、または、お電話にて空き状況をお問い合わせください。

 

カヌー2h → マングローブカヌー2時間

カヌー3h → マングローブカヌー3時間

トレ&シー →マングローブトレッキング+シーカヤック3時間

サバニ → 帆かけサバニ

 

 

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
携帯電話
参加希望ツアー名
参加希望日
参加希望時間
(ツアースタート時間に掲載されている時間をご記入ください)
参加人数 大人(中学生以上): 小人:
参加者全員のご年齢
ツアー参加日の前日に宿泊される場所(ホテル名など)
メッセージ欄
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

電話でのお問い合わせはこちら

080-9852-5562

【受付時間】8:00~19:00 ※基本的には年中無休

この記事を書いた人

永西由実

大阪出身。大学時代は大阪府立青少年海洋センターにて、セーリングなど、マリンプログラムに携わる。その後、小学校教師、JICA青年海外協力隊を経て、2013年に沖縄へ移住。 ・赤十字水上安全法救助員Ⅰ ・沖縄マリンレジャーセイフティービューロー認定水難救助員 ・NPO法人沖縄県カヤック・カヌー協会認定ガイド ・一級小型船舶操縦士免許 ・MEDICAL ASSOCIATES Wilderness First Aid認定

この著者の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

沖縄北部の観光・自然体験・絶景・アクティビティで最高の思い出つくりをお手伝いします!

ご予約・お問合せはこちら ご予約・お問合せはこちら arrow_right
PAGE TOP